モイスモアセラム 効果

ヒアルロン酸の大きさ

元々お肌に存在し、お肌の保湿と肌弾力を支えるヒアルロン酸
ヒアルロン酸は、分子の大きさによって働きが異なります。
そしてどちらにもメリットとデメリットがあります。

 

モイスモアセラム 効果

 

高分子ヒアルロン酸

高分子のヒアルロン酸は、分子の大きさが大きいものです。

 

【メリット】
高分子ヒアルロン酸は、保水効果が高いのが特徴です。
お肌に吸収されずにお肌の表面に留まり、水分の蒸発を防ぎ保湿効果の持続力があります。
また、肌表面のヴェールの役割があり外部刺激からお肌を守るバリア効果の働きをします。

 

【デメリット】
大きさが大きいので、お肌の奥深く(角質層)まで浸透しにくいので、肌内部での働きが期待できない

モイスモアセラム 効果

低分子ヒアルロン酸

体に吸収しにくいヒアルロン酸を、分子量を小さくして体に吸収されやすいように開発されたのが、低分子ヒアルロン酸です。

 

【メリット】
低分子ヒアルロン酸は、お肌への浸透効果があります。
肌内部からの保湿効果、しっかりと浸透することで、お肌に存在するコラーゲンやエラスチンとともに、お肌の弾力、ハリを支えます。

 

【デメリット】
分子量が小さいため体内で早く分解されることで、保湿能力が高分子の物よりも低く、持続力が弱い。

 

両方のメリットを活かした「モイスモアセラム」

ヒアルロン酸、夜用美容液「モイスモアセラム」の特徴でのあるのが、独自の製法で世界最小(40.3ダルトン)の低分子ヒアルロン酸を開発し配合しています。

 

モイスモアセラム 効果

 

低分子ヒアルロン酸を含んだ美容液は多くありますが、その中でも特別に最小レベルなので、お肌に瞬時に浸透します。
また、「モイスモアセラム」には、3つのヒアルロン酸(高分子・中分子・低分子)を配合し、それぞれのデメリットをカバーしているので、ヒアルロン酸の効果が丸ごと得ることができますね。

 

高分子ヒアルロン酸をお肌に刺す!「ヒアロディープパッチ」

ヒアルロン酸の保湿・肌弾力効果が高く、持続力のある高分子ヒアルロン酸をお肌の角質層に直接届けることができれば・・・お肌のためには最高ですよね、
ヒアロディープパッチ」は、医療分野でも使用されるマイクロニードルを使用することで高分子ヒアルロン酸をお肌の角質層までしっかりと届けてくれるマイクロニードルのヒアルロン酸パッチ。つまり、刺すヒアルロン酸!

 

モイスモアセラム 効果

マイクロニードル(針)部分には、高分子ヒアルロン酸でできたミクロサイズの溶ける針が750本。

お肌に貼ることで、ヒアルロン酸針が溶け出し、肌奥深くまで効果の高いヒアルロン酸がそのまま届きます。